三沢博昭遺作写真展2018 大いなる遺産 長崎の教会

2018年9月28日(金)-10月3日(水) 午前11:00-午後7:00 初日28日/ 12:00 OPEN

最終日3日/午後6:00 CLOSE










三沢博昭は『大いなる遺産 長崎の教会』という写真集を残して2009年に他界しましたが、それから10年、この6月、写真集に掲載された教会群を中心に「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」として世界遺産に登録されました。今年の秋、久しぶりに三沢の写真に出会ってください。


〈プロフィール〉

三沢 博昭 (みさわ ひろあき)

建築写真家

昭和19 年(1944) 北海道生まれ。 三沢建築写真事務所代表。 歴史的な建築、町並み、土木構造物、遺跡などを主なテーマとして日本及び世界各地を広く撮影。 1999 年 土木学会賞( 出版文化賞) 受賞。      「土木造形家百年の仕事」 2000 年 文化財保護功労者として表彰。 2009 年 1月22日没。

  • Facebook Basic

Copyright © Nest-A Co.,Ltd   Allrights Reserved.