Julia Retz 「Space Proposals」

 

 

 

 

 

 

Nest-A Presents

 

 

ジュリア レッツ「Space Proposals」

Julia Retz「Space Proposals

 

5.12 (Fri) - 6.4 (Sun) 2017

Closed on Wednesday, Thursday

11:00 a.m-7:00p.m

 

Opening reception 5.12 (Fri) 18:00~

 

AYUMI GALLERY  CAVE

(※高橋ビル地下2F)

 

——

 

2017年5月12日(金)より、AYUMIGALLERY/CAVEではJulia Retzの個展「Space Proposals」を開催致します。

ジュリア・レッツは1987年カンピーナス(ブラジル)生まれ。2011年アムステルダム(オランダ)のヘリット・リートフェルト・アカデミーのオーディオヴィジュアルアート科卒業後、同じくアムステルダムのサンドヴェルグ・インスティテュートにてインテリア建築修士課程修了。 2014年よりブラジルに拠点を移し、サイトスペシフィック・インスタレーションやアーティスティック・イン ターベンション、住宅や公共空間の家具デザインなど、アートとデザイン、建築を跨ぐ制作を始め、立体、インスタレーション、パフォーマンス等によるミニマルで素材感豊かな建築的介入を作品とするアーティストです。

本展はAYUMIGALLERY/CAVEのアーティスト・イン・レジデンス(AIR)で行われ、レッツは現在、3ヶ月間東京に滞在し、作品制作を行っています。

本展「Space Proposals」でレッツは、会場となるギャラリーの実空間をリサーチし、いくつかの作品構想を、様々な素材によって制作された模型や、モックアップのコレクションで発表します。これらは既存の構造物の物理的制約を打破するための空間を、探求する試みです。 模型等は実空間に配置されることによって、各提案の本質的な大きさに直面しており、 レッツはスケールと空間、知覚の関係性において、構想を形にし、インスタレーションとして展示をすることで、会場を訪れる人々に空間の無限の可能性を喚起させます。

日本初の個展となるこの機会に是非、御高覧下さい。

 

 

Space Proposals’ presents the first solo exhibition of Julia Retz (1987, BR) in Japan, and is the result of her 3 month Artist-in-Residency at

AYUMIGALLERY/CAVE in Tokyo.

In her practice, Retz often assembles numerous and diverse components to produce site-specific sculptural works that investigate the way we produce and use space.

In ‘Space Proposals’ , her work manifests as a series of installation proposals that could potentially be realized in the exhibition space in which the show is being presented. This collection of proposals ranges from small maquettes to full-scale models made of a variety of materials. The work aims to explore the spaces we use in order to find ways to breakdown the physical constraints of existing structures. In ‘Space Proposals’ the limited size of the maquettes is confronted with the inherent magnitude of each proposal. Retz's play with scale and the shift between the potentiality of her proposals and the physicality of the models she constructs allows the viewers to go beyond their structural logic and explore the intangible vastness contained in what appears small to their sight.

 

——

 

Julia Retz works at the intersection of art, design and architecture.She develops site-specific installations and artistic interventions.Since 2014 she has been working on several public and private furniture commission.Her practice is focused on finding special solutions, that re-combines sculpture-as-performance, architectural interventions with furniture design, which can both be functional or nonfunctional. With a starting point in investigating the use of spaces, Retz is continually questioning the limits and possibilities of what constitutes the production, construction and staging of spaces.

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

  • Facebook Basic

Copyright © Nest-A Co.,Ltd   Allrights Reserved.