Bea McMahon, Rumiko Hagiwara “Aftermath / Ghost in silence”

 

 

Bea McMahon "Aftermath" 2018.10.19 @AYUMI GALLERY CAVE

 

 

Rumiko Hagiwara "Ghost in silence" 2018.10.19 @AYUMI GALLERY CAVE

 

 

 

 

Nest-A Presents

 

 

ビー・マクマホン,萩原 留美子

Bea McMahon, Rumiko Hagiwara “Aftermath / Ghost in silence”

 

10.19 (Fri) , 2018

19:00   Open door

19:00~ Short films

20:00~ Performance

21:00~ 交流会

※パフォーマンスは約 1 時間を予定しております。パフォーマンス終了後に再度、ショートフィルム作品の上映も予定しております

 

 

Entrance : Free

Language : Japanese/English

 

会場: AYUMI GALLERY CAVE (※高橋ビル地下2F)

 

 

助成: Culture Ireland

 

協力: オランダ王国大使館、Mondriaan Fund

 

 

 

 

--

 

 

 

AYUMI GALLERY CAVE では、2018 年 10 月 19 日(金)Bea McMahon(ビー・マクマホン)と萩原留美子によるパフォーマンス&ショートフィルム作品上映会"Aftermath / Ghost in silence"を開催いたします。

ビー・マクマホンによるパフォーマンス“Aftermath”は、5世紀ケルト系キリスト教の聖人であり、聖人たちの約束の地を求めて航海に出た「クロンファートの聖ブレンダン」の伝説から着想を得た作品です。パフォーマンスはより大きな全体観を示唆するために、中世の物語に見受けられるシンメトリーの構成にならっています。身体を結びつけているものとは一体何なのか、またそれに相対して、どのような構造が身体の社 会的関係性を改編しているのか、という疑問に焦点が当てられています。

萩原留美子によるレクチャーパフォーマンス“Ghost in silence ”は、西洋の文脈の中で日本のユーモアが 一人歩きし、本来の意味とは異なる意味で解釈されることや、矛盾など、ヨーロッパで日本人移民として活動する萩原自身の経験をもとに、異文化間のコミュニケーションで生まれるロスト・イン・トランスレーシ ョン(翻訳不可能)をテーマに描いた作品です。

彼らのパフォーマンス作品に共通しているのは変換・転換・変質というテーマです。

現実社会での相違を通して、非日常化の瞬間を創造するための要として、平伏している人間の姿を使い、専制的な社会秩序の土台を暴こうとしています。

両アーティストはアムステルダムのレジデンスプログラム、ライクス・アカデミーに 2 年間滞在後、現在も アムステルダムを拠点に活動しています。

これまでのコラボレーションに、SIC Intertrashional Zine,2016,issue #3 RACE, 口パク・フランチャイズ・ バンド 「Dina from Egypt」の振り付け、作曲等があります。アムステルダムのアートシーンは非常に国際的であり、その自由放任さは、アーティストの制作活動に多大な影響をもたらしています。本イベントはこの2人のアーティストのご紹介と共に、活気溢れるオランダのアートシーンをお伝えすることを目的としています。

また、パフォーマンス終了後の交流会はアーティストから直接お話を聞くことができる貴重な機会です。是非ご参加ください。

 

 

--

 

■ショートフィルム上映予定作品
 

ビー・マクマホン
Film of Octopuses 2013 (3’ 35”)、15 Men 2017(5’37”)、Sock Horror 2017(1’12”)

 

萩原 留美子
Designed ART 2014/2015 (0’50”) 、“Art” from Magazines、Space between yellow and blue 2009 (2’49”)、Squaring the circle 2010 (1’58”)、Full Moon 2014 (1’04”)

 

--

 

■ 作家プロフィール
 

Bea McMahon (ビー・マクマホン) ダブリン(アイルランド)出身。ダン・レアリー・インスティテュート・オブ・アート、デザイン&テクノロジー卒業。2012〜14年アムステルダムのライクスアカデミーに参加。マクマホンの作品は、空間や時間を生として捉え、特定の空間に演劇的なアプローチを行う。近年の活動に、[パフォーマンス]2018 年、Knot me, De Appel, (アムステルダム/オランダ)、Aftermath, Bologna, (アムステルダム/オランダ)、Tunnel, Passetto del Biscioni, (ローマ/イタリア)、2017 年、A Rap on Race Revisited, curated by Petra Ponte; Framer Framed, Read my World festival(アムステルダム/オランダ)、[個展]2017年Rank, Billytown, (デン・ハーグ・オランダ)、2015年BOM, Centre for Contemporary Art, (ロ ンドンデリー/イギリス)など。

 

萩原 留美子 群馬県出身。2004年東京造形大学卒業。2008~2009年アムステルダムのライクスアカデミーに参加。萩原の作品制作は、日常生活で見かけられるありふれた物事や不合理をあえて強調することや、偶然的に遭遇した物事を素材にすることによって構成されている。 近年の活動に、ラ・カサエンセンディーダ(マドリッド/スペイン)、エアー・アントワープ(アントワー プ/ベルギー)、ホール14(ライプツィヒ/ドイツ)、CCストロムビーク(グリムベルゲン/ベルギー)、 インターナショナル・ドキュメンタリー・フィルムフェスティバル・アムステルダム(アムステルダム/オ ランダ)、ジャーニン・ホフランド・コンテンポラリーアート(アムステルダム/オランダ)、エアー・ベ ルリン・アレキサンダープラーツ(ベルリン/ドイツ)、など数多くの国際展やアーティストレジデンシー プログラムに参加している。
http://www.rumikohagiwara.com

 

--

 

■関連企画


萩原 留美子
2018 年 10 月 12 日-11 月 4 日※会期中の金土日のみ 12 日間
アーツ前橋開館 5 周年記念「つまずく石の縁 -地域に生まれるアートの現場-」 前橋中心市街地周辺 (群馬)
http://www.artsmaebashi.jp/

 

--

 

 

On 19th October 2018 in AYUMI GALLERY CAVE in Tokyo presents performances by the artists Rumiko Hagiwara (Japan), and Bea McMahon (Ireland), alongside a 15 minute film program compiled from the artists’ short film works in the screening room of CAVE gallery.

 

Bea will perform Aftermath inspired by the tale of St. Brendan of Clonfert, a 5th century Irish monk who sailed the Atlantic following his desire to find the Land of Promise of the Saints. The performance follows the structure of the medieval tale that juxtaposes discrete parts according to a symmetric principle in order to suggest a larger whole. It brings attention to what can be situated in bodies versus what are the structures that orchestrate their social relations.

Rumiko will show the lecture performance Ghost in silence that is describing the meaning, and misreading of humour when crossing cultural boundaries, following the concept of migration, misunderstandings and the displacement of her own sense of Japanese humour within a western (art) context.

Central to both works are themes of translation or transformation.  Both performances use the prostate human figure as a hinge for the dislocation of reality through which a defamiliarizing moment is created to expose the arbitrary foundations of social order.

Both artists spent two years in residency at the Rijksakademie van Beeldende Kunsten in Amsterdam. After this intense experience they remained in Amsterdam and are active as professional contemporary artists there. Amsterdam’s art scene is very international and has a quality of permissiveness that brought new influences to their art practices.

 

They have already collaborated on a number of projects. Bea makes a zine, SIC Intertrashional to which Rumiko contributed a cartoon horse for issue #3 RACE, Winter 2016. Also they are both choreographers and composers in the lip-synching pop performance franchise Dina from Egypt.

 

■The list of films

 

Bea McMahon

Film of Octopuses 2013 (3’ 35”)、15 Men 2017(5’37”)、Sock Horror 2017(1’12”)

 

Rumiko Hagiwara

Designed ART 2014/2015 (0’50”) 、“Art” from Magazines、Space between yellow and blue 2009 (2’49”)、Squaring the circle 2010 (1’58”)、Full Moon 2014 (1’04”)

 

■Artists

 

Bea McMahon

Bea McMahon uses performance, moving image, drawing and sculpture to navigate through conceptions of reality in which she considers that space and time are also alive.

Recently she has been making theatrical scripts for particular spaces, underscored by a diagram that directs the links between beings and forms. These works try to relay the poetic forms of agency between non-speaking beings and the world.

The 3 works selected as part of this screening show something of her journey from film to performance and how her performances have been informed by the logic of making moving image works.

 

Rumiko Hagiwara

Rumiko Hagiwara is a visual artist who makes subtle actions in conceptual art practices. She often twists point of attentions and values on ordinary phenomenon with her sense of humors. She was born in Tomioka Gunma (Japan) and studied at the Tokyo Zokei University in Tokyo (2000-2004). She was an artist in residence at the Rijksakademie van Beeldende Kunsten in Amsterdam (2008-2009) and at AIR Berlin Alexanderplatz (2017).

Currently her works has been exhibited “Unexpected Encounter – Artist in Residence Maebashi 2015-2018”
http://www.rumikohagiwara.com

 

■Related event

Rumiko Hagiwara
12th October-4th November 2018 ※only open on Friday,Saturday,Sunday.
“Unexpected Encounter – Artist in Residence Maebashi 2015-2018”
http://www.artsmaebashi.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参考画像: 2018, Aftermath, Tunnel, Passetto del Biscioni, Roma © Bea McMahon

 

 

 

 

 

Please reload

  • Facebook Basic

Copyright © Nest-A Co.,Ltd   Allrights Reserved.