Gianluca Malgeri / Arina Endo "Mery - Go - Round"

 

 

 

 

 

 

 

 

Nest-A Presents

 

ジャンルカ・マルジェリ / アリナ・エンドウ

Gianluca Malgeri / Arina Endo 

" Mery - Go - Round "

 

3.23 (Sat) - 4.21(Sun) 2019

Open: 12:00 -19:00p.m

Closed: Wednesday, Thursday

 

Opening reception 3.23 (Sat) 18:00~

 

AYUMI GALLERY  CAVE

(※高橋ビル地下2F)

 

——

 

AYUMI GALLERY CAVEでは3月23日(土)より、ジャンルカ・マルジェリとアリナ・エンドウによる、日本初となる個展「Mery - Go - Round /メリー・ゴー・ラウンド」を開催いたします。本展では銅材を用いた彫刻作品と、コラージュの新作を展示いたします。

 

マルジェリとエンドウは、ベニスでの展覧会、「Edge of Chaos 」(キュレーション:ビータ・ゼイマン/Vita Zaman)と、ローマのMagazzino galleryでの2015年の展覧会、「Homo Ludens」を通して一緒に仕事をしてきました。

本展では、2015年から始まったこの二人のアーティストの親密なコラボレーションを、再確認することができるでしょう。

 

「Mery - Go - Round /メリー・ゴー・ラウンド」というタイトルは、初期から一貫したテーマとなっている遊びに基づき名付けられました。本展で展示される作品は、2014年に二人のアーティストが、遠くインドまで旅した際にに生まれたアイデアがきっかけとなり、誕生しました。そこで、マルジェリはインドの都市に散在している公園の遊具に興味を抱き、多彩な記録写真を制作しています。その行為はリサーチとして、ベルリン、フィレンツェ、そして東京と、二人が移住した都市で、新たなイメージや着想を得ながら、継続されてきました。

 

玩具と建築の中間に在る遊具の構造は、マルジェリとエンドウにとって、多岐に及ぶインスピレーションの源になっています。彼らは、しばしば擬人化され不可視の町について語る要素を、無限の道筋で操り、生き生きと自由に組み立て、コラージュと立体物を形作ります 。これらは、現実離れした町、「おもちゃの国 /Città dei Balocchi 」として当初デザインされ、 分別のある年頃を拒絶し遊ぶことが根幹をなす精神的な場所で、 進む方向の景色を一歩一歩進化させながら、私たちの能力(または意図)を、飛び超えて空想することが可能な地へと誘います。大人の規則に従わず、合理的で思考的な定説に対応もしない子供のような空想を持つための場所へ。

 

過去の二つの展覧会では、型通りの銅像が、「半モニュメント」のアイデアに到達しつつあり、彫刻作品「名無し/Senza Nome (2015)」の完成によって、町自体を生命体の地位へと引き上げることに成功しています。この創造的なプロセスはまずベルリンで発生し、「成長の意味を忘れ、社会的秩序から逸脱する」ことの可能な町、おもちゃの国は、その進化として、理性の年代に身をゆだねて鼻を失ったピノキオのメタファーの中で見られるような、休戦協定のような形で達成されています。そして今回、この二人のアーティストは、日本で、これまでのプロセスをより明確に表す試みとして、 動く浮遊物によって作られた新しい世界と、果てしなく変化する風景を、思い描きます。

 

一見したところ、作品とアイデアの中間段階にあると思われるコラージュは、実際にはマルジェリとエンドウの、そして二人組みの彫刻作家としての、重要なプラクティスの延長として位置しています。初期の作品は、断片化されたイメージを組み立てる慎重な仕草が目につきつつも、地についた安定性に限定された建築の考えに対応したものでした。最近の作品では、二人はこれらを放棄し、より有機的に、より自然な形に発展させています。心象風景の中に、一つ一つ現れてくるパズルを解くように、二人は、忍耐強く正確になされたリサーチを、独自の解釈を通した想像の中で転換しています。二次元性と平らな空間、 フレーム(または壁)の中での輪郭形成を通して、コラージュが、この素晴らしい航海を実際に始める場所となっているのです。

 

「Mery - Go - Round /メリー・ゴー・ラウンド」というタイトルには、遊び、そしてファンタジーというイメージが必然的に付いて回ります。回転木馬とその動きは、ぼんやりとした輪郭を持った周囲の現実から差し引く形で、プレーヤーを不在にさせ、一時停止したスペースへと移動します。アーティストたちは、この直接的なタイトルを選ぶにあたって、例えば、学校で自発的につづり間違いをし、その間違いを再確認するかのように、あえてタイトルの中の言葉を間違えることによって、奔放なピノキオをよみがえらせたのです。最終的にアーティスト達の裁量は、手綱を締められることがあったとしても、 決して完全には根絶されないのですから。

 

ジャンルカ・マルジェリ と アリナ・エンドウの日本初個展を是非ご高覧ください。

 

(ガブリエラ・ガスパリ, Magazzino, Roma)

 

ジャンルカ・マルジェリ / Gianluca Malgeri
1974年イタリア共和国カラブリア州生まれ、現在ベルリン・東京在住。近年の主な展示に、グループ展、2015年「Edge of Chaos」(Casa Donati、 ヴェニス)、2013年「The Naturalists」 ( Castelluccio di Pienza, curated by Peter Benson Miller、ピエンツァ) 2009年「ItAliens 」(Italian Embassy 、ベルリン)、個展に、2012年「God bless You」(GaleriArtist、イスタンブール)、2011年「INSH’ALLAH」(MAGAZZINO、ローマ)、「Pese et Vaingue」(GaleriArtist, イスタンブール)、2009年「Apollo e Daphne」(White Rabbit,ベルリン)、2007年「Wraped Time」(MAGAZZINO、ローマ)、など。

 

 

アリナ・エンドウ / Arina Endo
1983年兵庫県生まれ、東京在住。京都工芸繊維大学工芸学部造形工学科卒業後、フィレンツェの版画学校Il Bisonte、フィレンツェ美術アカデミーで学ぶ。

近年の展示に、2015年「Homo Ludens」(Magazzino d’Arte Moderna /ローマ)、「Tie a Knot」(MILA KUNSTGALERIE/ベルリン)。2014年「Artworld Open International Printmakers’Competition」(Artworld/アムステルダム)2017年「Tokyo Midtown Award 2017 ア-トコンペ」受賞。

 

 

——

 

 

Mery-Go-Round is the title of the new solo exhibition by Gianluca Malgeri and Arina Endo, that will open at the Ayumi Gallery Cave on March 23rd and last until 21 April 2019.

 

The exhibition reaffirms the close collaboration by the two artists, begun in 2015 for the exhibition Edge of Chaos in Venice, curated by Vita Zaman, and Homo Ludens, 2015 at Magazzino gallery in Rome. The title refers to the theme of play, consistent to this works since their inception. The works in the exhibition find their ideal birth in a long travel to India that the two artists did in 2014, where Malgeri got interested in the playgrounds scattered in Indian cities, realizing a wide photographic documentation. This research was then carried on in the following cities where the two artists moved – Berlin, Florence, and Tokyo, enriching with new images and suggestions.

 

These structures, in-between toys and architectures, are a wide source of inspiration to realize constructions – through collages and in three-dimensional sculptures, where Malgeri and Endo do freely assemble the elements in lively, often anthropomorphic forms, that tell of invisible cities, animated by infinite passages. These fantastic cities, designed at the beginning as Città dei Balocchi (Toyland), a mental place where to express the primal need for playing as a refusal condition to the age of reason, evolve step by step the course of a landscape, and trace horizons that find themselves beyond our ability (or the intention) to fantasize – the fantasizing of a child, that does not respond to the dogma of rationality and thinking, and acting through the rules of the adults.

 

In the two foretold exhibitions, the formal result of the copper sculptures were progressively attaining to an idea of “quasi-monument”, realized finally in the sculpture Senza Nome (Unnamed, 2015), that elevated the city to the status of organism. If the birth of this creative process happened in Berlin, an existing “Toyland” where it was possible to “forget about the meaning of growth and to derange from social order”, and its development arrived to a sort of armistice in the metaphor of Pinocchio – who losing his nose surrender himself to the age of reason – in this Japanese articulation of the process, the artists imagine a new world, made by movement and flying architectures and a landscape in endless shift.

 

Collages, which at a first glance may seem to be an intermediate phase between the idea and the work, is actually an important pictorial extension of Malgeri and Endo’s practice; an extension of the same approach the duo has to sculpture. The earlier works responded to an idea of architecture, bounded to ground and its stability, even though still the result of a deliberate gesture of assembling fragmented images. In recent works, the artists abandoned this will developing into more organic, quasi-natural forms. Like in a mental mapping, a puzzle that emerges piece by piece, the artists translate a patient and precise research within their own imagery through these constructions. Linked to the bi-dimensionality and the being contoured in a flat space, the frame or the wall, the collage is actually the place where this fantastic voyage begins.

 

The title Mery-Go-Round inevitably brings us back to the idea of playing but also of fantasy: the carousel and its circle movement do absent the player to a suspended space, subtracting him from the surrounding reality, whose outlines are blurred. In choosing this direct title, the artists took the freedom of reviving a undisciplined Pinocchio: willingly, by mistaking a word in the title – like in school, a voluntary bad misspelling to reaffirm that, after all, license can be only soothed but never totally eradicated. 

 

(Gabriele Gaspari, Magazzino, Roma)

 

Gianluca Malgeri

Born in Reggio Calabria 1974, lives and works between Berlin and Tokyo. His work often re-writes certain fundamental images of our culture, reinserting them in a shifted context: the myth of Apollo and Daphne is transformed into a hall of hunting trophies; the supposed secret relation between Sultan Abdul Aziz and Eugenia di Montijo speculated in the Ottoman architecture; the relicts of stoves transformed into anphoras and oriental towers that seem to emerge from a strange past. Amongst his solo exhibitions: Magazzino, Rome (2007, 2011); GaleriArtist, Istanbul (2011, 2012); Apollo and Daphne, white rabbit, Berlin (2009). Amongst the group exhibitions: Edge of Chaos (2015, Casa Donati, Venice), ItAliens (2009, Italian Embassy in Germany), The Naturalists (2013, Castelluccio di Pienza, curated by Peter Benson Miller).

 

Arina Endo

Born in Hyogo, Japan 1983, lives and works in Tokyo. the After university degree from department of Architecture and Design of Kyoto’s Institute of Technology and Design, Arina Endo moves to Florence, where she specializes in graphic arts at the International School Il Bisonte and she attends the Academy of Fine Arts. Endo’s production is characterized by a meticulous attention to detail, and to the shapes, patterns and geometries of nature, reproduced with meticulous technical diligence, and with a sophisticated and sober elegance. Her work has been exhibited in Italy, India, Germany and Turkey and Japan.

 

 

 

 

 

Please reload

  • Facebook Basic

Copyright © Nest-A Co.,Ltd   Allrights Reserved.