Kees van Leeuwen "In Praise of Space"

 

 

 

Nest-A Presents

 

 

ケース・ファン・レーヴェン

Kees van Leeuwen "In Praise of Space"

 

 

5.11 (Fri) - 6.3 (Sun) , 2018

Open: 12:00 -19:00p.m

Closed: Wednesday, Thursday

 

 

Opening reception 5.11 (Fri) 18:00~20:00

 

AYUMI GALLERY  CAVE

(※高橋ビル地下2F)

 

助成: オランダ王国大使館、Mondriaan Fund

 

--

 

Space between objects.
Objects placed in the space without any classification.
A constructed Landscape.
One space, One floor, One environment.

 

--


ケース・ファン・レーヴェンは1986年オランダ生まれ。2011年アムステルダムのヘリット・リートフェルト・アカデミーの ファインアート科卒業後、2013年ハーグ王立芸術アカデミー、修士課程、マスター・アーティスティック・リサーチ卒業。現在もオランダを拠点に活動する アーティストです。
幼い頃から青焼きの建築図面をコレクションする等、建築や空間に強い興味を持っていたと言うケースですが、ある時、冷戦時代に作られたオランダの核シェルターを訪れ、これまでにない空間体験と「静けさ」を感じたと言います。以降、独立した空間の研究と、空間の特殊性をあらわにする彫刻やインスタレーションを発表しています。
日本初個展であり、3ヶ月の滞在制作による本展ではコンクリートやビニール、日本で見つけた古道具や建材を用いて、空間と物質の相互関係をあらわにし、ギャラリー空間を含む空間そのものを、触覚に訴えるインスタレーションとして発表します。
本展のタイトル"In Praise of Space"は、谷崎潤一郎の随筆「陰翳礼讃/In Praise of Shadow」に因んでいます。そこにはケースのオブジェや空間に対するリスペクトや愛情が満ち溢れています。
是非、御高覧ください。

 

 

--

 

shelter/bunker/cave


ひとり山間の寺院など訪れると、その山門を通り抜けながら、微かに緊張を覚えることがある。それは普段通過している空間とは独立した、神性を帯びた空間に 足を踏み入れようとしているからか。あるいは、掃除がゆき届いていて清潔で、森閑たる空間に自分が波風を立ててしまうのを無意識のうちに遠慮しているから かもしれない。
ケース・ファン・レーヴェン(以下、ケース)の"In Praise of Space"において、まず目につくブールシートの貼られた仕切りの隙間を通り抜ける体験は、山門か、あるいは草庵茶室のにじり口をくぐる経験に似る。筆者の場合はリュックを脱ぎ取り、半身になって通り抜けた。作品らしい作品を見せる前に、まず要求されるこの通過の動作、儀礼的なふるまいは、鑑賞者の側に 一種の心構えをさせる。通過の先は、これまでとは別の空間であることを覚悟させるようである。
シェルターやバンカーといった空間の静謐に魅せられたケースは、谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』(In Praise of Shadow)にならい、今回のインスタレーションを"In Praise of Space"-空間礼賛と名付けた。それぞれのオブジェは規則的に配置され、空間を邪魔することなく、地下の展示空間をそのままに見せようとするかのよう でもある。コンクリートの床に置かれたオブジェは、もっともシンプルな建築構造としての箱(骨董の共箱や合箱など)と、それが内包する空間と同型のコンク リート塊である。床と同質のコンクリート塊が置かれる様は、建築の基礎コンクリートを思わせ、静けさを讃えている。
人が静かになることは難しい。心臓は絶え間なく鼓動して、いつまでも呼吸をさせる。たとえ4分33秒の休止を試みたとしても、人がいる限り、何も聞こえないことはない。ケースの空間は思わず声を潜めてしまう空間であり、ともすると鑑賞者へ、置かれたオブジェと同じように、静かなる物になることを求めているようにも感じられる。向かい合った壁に展示された同型の円は、片方は古い丸椅子であり、もう片方は円い鏡である。鏡に映る空間において、それを邪魔しているのはそれを見ている人ではないか。すくなくも筆者は、筆者のいないこの空間を歩き見て回りたい衝動に駆られた。ケースが好むシェルターやバンカーとは、 予期された雑音ひしめく非常時以前の、誰もいないことが自然な空洞なのだろう。そしてそこで静謐を讃えているのは、寺社や教会が秘めるような神性ではなく、壁や床、天井などが秘める冷たい物性のはずである。
真に空間を礼賛するためには、人は追い出されるのではないか。まあどういう工合になるか、試しに人はみな会場の外に出てみることだ。

 

カウンターポイント 編集室 石丸桃麻
https://www.counterpoint-kgrzk.com/

 

 

--

 

 

 

■関連イベント

Artist talk by ケース・ファン・レーヴェン  In Praise of Space

会場:オランダ王国大使館 出島ラウンジ 〒105-0011 東京都港区芝公園3−6−3(MAP)

日時:2018年5月17日(木)19:30~ (開場19:00)

事前申し込みはこちら:
LINK (☜クリックして下さい)

※ご登録の際はパスワードが必要です。パスワード: Leeuwen

お申し込みの締め切りは5月15日(火)です。会場の都合上、定員に達しましたら締め切りを早めに終了する場合があります。ご了承ください。

 

■ Related event

Artist talk by Kees van Leeuwen, In Praise of Space

Date: Thursday May 17, 2018
Time: 19:00- (Program begins at 19:30)
Place: Deshima Lounge, Embassy of the Kingdom of the Netherlands, 3-6-3 Shibakoen, Minato, Tokyo 105-0011
(MAP)
Language: English 

* Registration required. No entrance fee.

 

Please use the following link to apply:  LINK  (☜Click)
*The registration site is password protected. This password is: Leeuwen
Deadline for application is Tuesday May 15. However due to limitations in capacity of the venue, we might close the application before the deadline. Thank you for your understanding.

--

Kees van Leeuwen (1986, NL)

Education
2011-2013
Master 'Artistic Research' (with distinction) / MFA Master Fine Arts
Royal Academy of Arts, The Hague

2007-2011
Bachelor of Fine Arts
Gerrit Rietveld Academy, Amsterdam

Exhibitions
2017
Tentoonstelling in Gemeentehuis Den Haag, naar aanleiding van publicatie van het boek:‘Schuilen in Den Haag. Erfgoed van de Koude Oorlog’

2016
PULSE 10, Stichting O.M.S.T.A.N.D. Arnhem. (solo in Museum 5VEP)

2015
Platform Platform, Bart invites, Amsterdam. (group)

2014
INSIDE THE ISOLATION,
The atomic bunker, Genie Museum, Vught. (solo)
NO TITLE, Grote of st.Bavokerk, Haarlem (group)
hoe=het nu, ACEC, Apeldoorn (group)

2013
Easy Sunday: Artist talk and exhibition, Maarten Lutherkerk, Amsterdam (group)
Map Play Narrate, Graduation Show MAR, Royal Academy of Arts, The Hague (group)
De Woeste Gronden #7, G.A.N.G., Arnhem (solo, within a festival)

2012
Kunstvlaai Art Festival, Oude st. Nicolaas Lyceum, Amsterdam (group)
Spotlight: The Belgian Job, Stroom Art Centre, The Hague (group)

2011
Sur la table, sous la table, Royal Gallery of the Royal Academy of Art, The Hague (group)
Magicgruppe Kulturobject, W139, Amsterdam (group) A-pass, Brussels (group)
Hell and High Water, Zeemanshuis, Amsterdam (group)
The Show, Graduation show, Gerrit Rietveld Academy, Amsterdam (group)

2010
‚OK’, at the Oude Kerk, Amsterdam (group) Push, RC de Ruimte, Amsterdam (duo)
Diamantbeurs, Amsterdam (group) RC de Ruimte, IJmuiden (group)

Publications / Lectures
2017
Publication ‘Schuilen in Den Haag, Erfgoed van de Koude Oorlog’
(Hiding in The Hague, Heritage of the Cold War)
Excursions along the visual objects of the Cold War in The Hague,
in cooperation with the organisation of the ‘Bunkerdag’
Mondriaan Fonds, bijdrage Jong Talent
Excursions along the visual objects of the Cold War in The Hague,
in cooperation with the organisation of the ‘Bunkerdag’

2016
Excursions along the visual objects of the Cold War in The Hague,
in cooperation with the organisation of the ‘Bunkerdag’
De Nieuwe, january 2016, Kunstmagazine from Arti et Amicitiae, Amsterdam.

2015
Lecture for ‚See, but not seen’, A workshop on bunkers conversion, Gotland (S).
Gerrit Rietveld Academy, Amsterdam.
‚Platform Platform’ magazine, The First Issue, -QUARTERLY/SUMMER

Lecture and interview Frascati Theater, Amsterdam.
Invited by Joachim Robbrecht, project: "The Great War Machine".

2014
Lecture‚The Blueprint as a Universal Language’.
Royal Academy of Arts, The Hague.

2013
Publication: ‚The Atombunker and the white cube’.
Kees van Leeuwen.

Residencies
2016
Art-Project ‚Leftovers from the Cold War’, a tour through The Hague along the visual signs
from the Cold War period, in cooperation with the organization of the ‚Bunkerdag’

2014
Lunette Kazerne, Genie Museum, Februari-Maart, Vught

2013
Secret Bunker, G.A.N.G, September - October, Arnhem

Website
https://keesvanleeuwen.net/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

  • Facebook Basic

Copyright © Nest-A Co.,Ltd   Allrights Reserved.