Giovanni Innella 「Design and its Double」

 

 

Nest-A Presents

 

 

ジョバンニ・インネッラ「Design and its Double」

Giovanni Innella「Design and its Double

 

7.8 (Sat) - 8.6 (Sun) 2017

Closed on Wednesday, Thursday

12:00 -19:00p.m

 

Opening reception 7.7 (Fri) 18:00~

 

AYUMI GALLERY  CAVE

(※高橋ビル地下2F)

 

——

 

2017年7月8日(土)より、AYUMIGALLERY/CAVEではGiovanni Innellaの個展「Design and its Double」を開催致します。

ジョバンニ・インネッラは1982年トリノ(イタリア)生まれ。イタリア、オランダ、イギリスでデザイン/デザイン批評を学んだ後、現在は東京を拠点に活動するアーティストです。

大量消費に伴う経済繁栄が著しい昨今、消費される工業品や日用品の多くは雑誌広告やイベントによって、広告が偶像化された結果のビジュアルによる消費であり、物理性や機能性を求めた消費ではありません。ジョバンニはこのような消費行動への批判を込めて、消費されるデザインのドキュメント化や、記録を残すためのテクニックを模索し、作品化しています。

例えばSkinシリーズでは電気ケトルや炊飯器といった日常にありふれた製品をモチーフとして取り上げ、実際の製品にシリコンを塗布し硬化させ剥がします。ゴム状のシリコンの皮1枚、肉体を失いあられもない姿になったその状態を物体本来そのものの形として提示する作品です。

また、Representation of a Design Magazineはデザイン雑誌の文字と広告だけを残し、その他のイメージを消し去ることでデザイン性の排除を試みる作品です。

これらの手法により、メディアの美学とそれを支える産業をも明らかにします。

日本での初個展となる本展では、過去に制作された作品を基に、日本という国の独自の社会性に合わせた新たな作品を加え、さらに何台ものプリンターが連続して印刷を続けることにより、膨大なオンラインとオフラインのデザインメディアに問いかける新作のインスタレーションを発表します。是非、御高覧ください。

 

 

——

 

We are pleased to announce that we have the exhibition of “Design and its Double” by Tokyo based Italian artist Giovanni Innella at AYUMIGALLERY/CAVE.

 

Design and Its Double is an exhibition featuring a series of works by designer and design critic Giovanni Innella that reflects on the rhetoric and aesthetic language of the design industry. Based on previous works, a series of re-adapted critical works to fit the Japanese context will be exhibited at Ayumi Gallery Cave, alongside with some completely newly made pieces.

 

The way consumer products are represented and how these representations are distributed and consumed gave birth to a flourishing economy. It is an economy made of magazines, advertisement, festivals, in which products are fetishized and consumed visually, rather than physically and functionally.

 

In order to criticize this consumerist behavior, Giovanni Innella has developed a technique that allows him to document and archive consumer products. Through the use of silicon, he covers objects and creates true and objective representations of those items. In other pieces, Giovanni erases the images of design magazines while leaving text and advertisement. In this way he reveals the aesthetics of the medium, as well as the economy that supports such industry. For this exhibition, Giovanni has also realized a site-specific installation consisting of a number of printers passing sheets to each other. This installation highlights the self-referentiality that dominates the design discourse.

 

——

 

ジョバンニ・インネッラ(1982年、トリノ出身)。トリノ・ポリテクニック大学(イタリア)でインダストリアルデザインを学び、デザイン・アカデミー・アイントホーフェン(オランダ)でコンセプチュアルデザインを学んだ後、ノーザンブリア大学(イギリス)にてデザイン批評博士課程修了。主な展示にサン・テティエンヌ国際デザイン・ビエンナーレ(フランス)、フオーリサローネ(イタリア)など。スヘルトーヘンボス近代美術館(オランダ)に作品収蔵。現在は東京を拠点に、国内外で活動の他、産業技術大学院大学(首都大学東京)で教鞭を執る。デザイン批評を文筆と視覚表現の双方で展開する。

 

Giovanni Innella (Torino, 1982) studied Industrial Design at the Politecnico of Torino (Italy), Conceptual Design at the Design Academy Eindhoven (the Netherlands) and obtained a PhD in Design Critique from Northumbria University (UK). In his career, Giovanni exhibited at the International Design Biennale of Saint-Etienne and the Fuorisalone of Milan among other venues. His work is part of the permanent collection of the Stedelijk Museum of ‘s-Hertogenbosch (the Netherlands). Currently Giovanni is based in Tokyo where he runs his own practice and occupies the position of an Assistant Professor at the Advanced Institute of Industrial Technology (Tokyo Metropolitan University).

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

  • Facebook Basic

Copyright © Nest-A Co.,Ltd   Allrights Reserved.