| AYUMIGALLERY GARDEN

1/5

エルサレム形のない図書館 - The Jerusalem Library of Intangibles

2019年10月24日 - 2020年9月30日

インスタレーションは営業時間に関わらず常時ご覧いただけます。ライトアップは16時より22時までです。

AYUMIGALLERY GARDENではイスラエルでもっとも影響力のあるデザインイベント『エルサレム・デザイン・ウィーク』より、ギャラリー前庭にエルサレムと東京をつなぐインスタレーションを設置し、憩い場として約10ヶ月間解放する建築プロジェクト「エルサレム形のない図書館」を開催中です。インスタレーションはイスラエルの若手建築家Lila ChaitayatとDaniel Zarhyによりデザインされました。

ーーーー

Si hortum in bibliotheca habes, nihil deerit.

「もしあなたに庭と図書館があるなら、あなたは人生に必要なものを全て持っている」~キケロ

 

 この庭は、建築家であり旅人でもあった故鈴木喜一氏がデザインしました。世界中を巡り歩き、場の瞬間を捉え共有することを追求した彼は、1981年の復活祭の頃、エルサレムを訪れました。円屋根の連なる街の風景は、祝祭の雰囲気とあいまって彼に強い印象を与えました。

数千年の歴史を持ち、世界で最も古い都市の一つであるエルサレムは、活気に満ち、想像力をかきたてると同時に、複雑な街でもあります。時間は独特な流れ方をしており、過去が未来に反響しています。街の石の一つ一つ、またそれぞれの地層には、多くの物語や記憶が刻まれており、それらはここで日々起こる特別な出会いの数々や色とりどりの情景に溶け込んでいます。

このインスタレーションを図書館だと想像してみてください―それは場所の本質を捉える試みです。知識を得るだけでなく、遠い地のさまざまな文化を体験する場所です。この類まれな街の、万華鏡のように変化する瞬間を垣間見る機会です。ここでは、時間と空間に固有の状況、瞬間、言語、伝統、音が、ギャラリーの庭の周囲や木の下に広がっています。

QRコードをスキャンすると、都市の一部とその土地の空気(植物の匂いや、場所特有の音、語られる物語、儀式など)を体験することができます。エルサレムの地図が庭の大きさに縮図されており、それぞれのQRコードから実際の場所にリアルタイムにリンクされます。街の東側の瞬間は庭の東側で、西側の瞬間は庭の西側で見出すことができます。

アユミギャラリーの庭は豊かな文化を内包する生きた円屋根に姿を変えています。

ここでは、エルサレムに見られる典型的な円屋根(旧市街だけでも2048ヵ所もある)は、新たに解釈されています。: 頑強な円屋根ではなく、その特徴的なシルエットを形作るポールで建てられた、架空の円屋根になっています。それぞれのポールは、街に刻まれた豊かな瞬間、色、状況、そして物語を表現しています。

どうぞご自由に歩き回り、木の下に座り、街の音で瞑想し、エルサレムの瞬間を集めてみてください。

プロジェクト特設サイト https://libraryofintangibles.com/

 

クリエーター:リラハ・シタヤット| STUDIO LinC + STUDIOPEZ

協力:岸成行、鈴木歩、アリエ・ローゼン

サウンド:エマニュエル・ ヴィツトゥム

フォトグラファー:エイタン・ヴィトコン

設営:岡建工事株式会社

スポンサー : エルサレム遺産省、エルサレム開発庁、駐日イスラエル大使館、ハンセンハウス(エルサレムデザインウィーク)

-

The Jerusalem Library of Intangibles

24 October 2019 - 30 September 2020

The Jerusalem Library of Intangibles is an architectural project made open to public as a resting place for ten months by setting up an installation, connecting Jerusalem and Tokyo, from the most influential design event in Israel "Jerusalem Design Week".  The designed by young Israeli architects Lila Chaitayat and Daniel Zarhy.

-

Si hortum in bibliotheca habes, nihil deerit.

“If you have a garden and a library, you have everything you need”. Cicero

The garden in which you stand was designed by the late Kiichi Suzuki an architect and world traveler who was on a constant quest to capture and share moments of countless places around the world. In easter of 1981 he visited Jerusalem. The domes of the city alongside the festive spirit marked a strong impression upon him. 

Jerusalem, one of the oldest cities dating back thousands of years, is a vibrant, inspiring and complex city. Time is set in a different way, letting the past echo into the future. Every stone and layer of the city, carries an abundance of stories and memories which all blend into extraordinary daily encounters and colorful situations. 

We imagine the installation as a library – an experiment to capture the essence of a place. A place not only for acquiring knowledge but for experiencing a remote and diverse culture. An opportunity to take a glimpse of the kaleidoscopical moments of this extraordinary city. Here one can find time and space- specific situations, moments, languages, traditions and sounds spread around the garden and under the tree of the Ayumi Gallery. 

Using QR scans, visitors are invited to unveil and experience  a fraction of the city, and its intangible qualities: from smells of plants, to local sounds, spoken stories and rituals. The map of Jerusalem is scaled into the garden letting each QR reveal a site specific &  moment in time according to its real location: moments from the east are situated in the east side of the garden, moments from the west will be found in the west.

The Ayumi Gallery garden is transformed into a living dome of cultural richness. 

The typical Jerusalem dome (appearing 2048 times only in the old city of Jerusalem alone) is re-interpreted: from a solid dome it becomes an ephemeral one, built from a series of poles creating its distinct silhouette. Each pole represents the abundance of moments, colors, situations and stories the city carries.

Please feel free to wander inside the installation, sit under the tree, meditate with sounds of the city and collect moments of Jerusalem.  

Over the upcoming seasons different events will take place around the garden installation. Stay tuned. 

Project site https://libraryofintangibles.com/

This project is sponsored by the Ministry of Jerusalem and Heritage, the Jerusalem Development Authority and the Embassy of Israel, Japan. 

Produced in collaboration with the Hansen House – Jerusalem, As part of the Jerusalem Design Week.

Creators: Lila Chitayat | STUDIO LinC + STUDIOPEZ

Collaboration with: Nariyuki Kishi, Ayumi Suzuki, Arieh Rosen – Embassy of Israel, Japan. 

Sound: Emmanuel Witzthum 

Photography Artist: Eitan Witkon

Constructed by: Okaken Koji Co., Ltd.

  • Facebook Basic

Copyright © Nest-A Co.,Ltd   Allrights Reserved.