カリキュラムのうち年間2回程度「公開講座」として一般の方にも公開しています。

顧問・講師・研究生の交流、討議の場であり講演の後には自由な意見交換が行われます。
 
●第1期(1999年) 修了制作
●第2期(2000年) 修了制作
●第3期(2001年) 修了制作
●第4期(2002年) 修了制作
●第5期(2003年) 修了制作
●第6期(2004年) 修了制作
●第7期(2005年) 修了制作
●第8期(2006年) 修了制作
●第9期(2007年) 修了制作
●第10期(2008年) 修了制作
●第11期(2009年) 修了制作
●第12期(2010年) 修了制作
●第13期(2011年) 修了制作
●第14期(2012年) 修了制作
●第15期(2013年) 修了制作



国内外遠方の方にも建築塾の内容をお伝えするためのコースです。


建築塾塾長 鈴木喜一の
「大地の家」ブログ
>>鈴木喜一建築計画工房

神楽坂美術学校(建築塾・美術塾・写真塾)のfacebookページ



神楽坂建築塾
住 所: 東京都新宿区矢来町114
最寄駅: 東西線神楽坂駅 徒歩1分
電 話: 03-3269-1202
メール: ag@ayumi-g.com

           詳しく表示

アユミギャラリートップページへ

 
まちや建築の閉塞状況を突破するためには、新しいものをむやみに「つくる」だけでなく、歴史的なものを「残す」「活用する」ということを視野に入れて、21世紀に向けて幅広く建築を考えていくことが必要ではないでしょうか。
1999年春、こうしたことを念頭に「現代版寺子屋」をめざして、全国から建築家・建築愛好家・芸術家・学生・主婦ら幅広い人々の熱い思いを集めつつ神楽坂建築塾はスタートしました。

11月講座案内

11月8日(土)「職人の現状と未来」(坐学)
講 師:田中隆義
場 所:アユミギャラリー高橋ビル地下2階 神楽坂教室(新宿区矢来町114)

家づくりの現場はさまざまな問題を抱える。そんな現場で毎日格闘し
ているのが、田中隆義さんである。大工として、職人として、自らの
手からつくることにこだわり、道具を大切に扱い、素材(木材)を活
かしてつくることに取り組んでいる。早く、安く、簡単に作ることが
あたりまえという現在の建築市場論理と戦いながら、ものづくり文化
の継承を訴える。話は技術や文化にとどまらない。私たちが失おうと
しているものは何か。手間をかけることの意味をみんなで考えたい。
鉋掛け、ちょうな打ちの実演も予定されています。(文責 岸 成行)

講師紹介
田中隆義(たなかたかよし) 
1959年生まれ 国士舘大学卒業 
大工 有限会社海岸屋ふー(工務店)代表
参考図書
産業文化史「鋸」平沢一雄
大工道具から世界が見える 西和夫
木霊 百年生きる木造建築 村尾欣一
「室内」の52年 山本夏彦が残したもの INAXギャラリー委員会
昭和住宅物語 藤森照信
聞き書き日本建築の手わざ 数寄屋の職人 伊藤ていじ
その他

 

11月9日(日)「レーモンドのチャーチ&チャペル」(FW)
講 師:土屋重文 宮本和義
場 所:レーモンド設計事務所 5階メモリアルルーム
   (渋谷区代々木5-58-10 小田急線参宮橋駅徒歩7分)

建築家アントニン・レーモンドについては今更、紹介の必要もないと
思うが、フランクロイド・ライトとともに帝国ホテルの建設で来日し
戦前から戦後にかけて日本近代建築のトップランナーとして活躍した
建築家である。南山大学や群馬音楽センター、聖アンセルモ教会等の
多くの作品を残した。そして、数多くの建築家も育てた。若き日の前
川國男、吉村順三、増沢洵らもレーモンドのもとで研鑽を積んだ。
土屋重文さんは長年、レーモンド事務所に勤務され、生前のレーモン
ドに師事した最後の世代の建築家である。宮本和義さんは国内の近代
建築を始め、近年はコルビュジェやアアルト等、海外の建築も撮影さ
れ、多くの写真集にまとめている写真家である。そんなお二人が、昨
秋「レーモンドのチャーチ&チャペル」という本を出版した。この機
会に、建築家レーモンドとその建築についてたっぷりお伺いしたい。
会場はレーモンド設計事務所のメモリアルルームを予定する。戦後ま
もなくレーモンドが設計した、麻布にあった木造杉丸太の自宅と事務
所をコンクリート建築の中に移築した。そんな空間に包まれながら、
お二人の興味深い話と写真をじっくり味わいたい。(文責 岸 成行)
                     
講師紹介
土屋重文(つちや しげふみ) 建築家
株式会社レーモンド設計事務所取締役
作品:「川俣南小学校」「清泉寮新館」他多数
宮本和義(みやもと かずよし) 写真家
建築、町並み集落、石仏の撮影で活躍 
著書:「近代建築再見」「近代建築散歩」「古寺彩々」
   「石仏・石の神を旅する」他多数
写真展:「浅草から」「わが町のモダン建築」「風の貌」他多数