カリキュラムのうち年間2回程度「公開講座」として一般の方にも公開しています。

顧問・講師・研究生の交流、討議の場であり講演の後には自由な意見交換が行われます。
 
●第1期(1999年) 修了制作
●第2期(2000年) 修了制作
●第3期(2001年) 修了制作
●第4期(2002年) 修了制作
●第5期(2003年) 修了制作
●第6期(2004年) 修了制作
●第7期(2005年) 修了制作
●第8期(2006年) 修了制作
●第9期(2007年) 修了制作
●第10期(2008年) 修了制作
●第11期(2009年) 修了制作
●第12期(2010年) 修了制作
●第13期(2011年) 修了制作
●第14期(2012年) 修了制作
●第15期(2013年) 修了制作



国内外遠方の方にも建築塾の内容をお伝えするためのコースです。


建築塾塾長 鈴木喜一の
「大地の家」ブログ
>>鈴木喜一建築計画工房

神楽坂美術学校(建築塾・美術塾・写真塾)のfacebookページ



神楽坂建築塾
住 所: 東京都新宿区矢来町114
最寄駅: 東西線神楽坂駅 徒歩1分
電 話: 03-3269-1202
メール: ag@ayumi-g.com

           詳しく表示

アユミギャラリートップページへ

 
まちや建築の閉塞状況を突破するためには、新しいものをむやみに「つくる」だけでなく、歴史的なものを「残す」「活用する」ということを視野に入れて、21世紀に向けて幅広く建築を考えていくことが必要ではないでしょうか。
1999年春、こうしたことを念頭に「現代版寺子屋」をめざして、全国から建築家・建築愛好家・芸術家・学生・主婦ら幅広い人々の熱い思いを集めつつ神楽坂建築塾はスタートしました。

6月講座案内

8月2日(土)【坐学】「くさる建築」人と人、人と自然が共生する暮らし方
講 師:林 美樹
日 時:2014年8月2日(土)18時00分〜20時30分(予定)
場 所:高橋ビル地下2階(新宿区矢来町114)

便利な省エネ設備を満載、高気密高断熱、ノーメンテナンスという家づくりやそこでの暮らし方に疑問を抱いた
建築女子4人(つなが〜るズ)が、魅力的な暮らしの場を訪ね歩いて出版した本「くさる家に住む。」
さて、取材した10の暮らしから見えて来たものは?つなが〜るズのメンバー林美樹が、始末のいい、
人と暮らしが日々熟成する、「くさる建築」について語ります。


林 美樹氏
一級建築士。公益社団法人日本建築家協会登録建築家。
環境共生を主眼に置いた住宅、地元の木を使った大工手刻みの木組みの家、昔ながらの小舞土壁の家などを手がける。
南葉山の家でOM地域建築賞優秀賞、武蔵野・草屋根の家で「住まいの環境デザイン・アワード2008」環境デザイン優秀賞受賞。
つなが〜るズの活動でロハスデザイン大賞2014受賞。
著書:「くさる家に住む。」(2013六耀社 つなが〜るズ著)
(社)日本建築家協会・環境行動ラボ委員及び杉並地域会代表(2014〜)。
職人がつくる木の家ネット・運営委員。
URL :http://www.prana-trees.com/


8月3日(日)【公開講座】大地からうまれた建築
講 師:長谷川 堯
日 時:2014年8月3日(日)13時00分〜16時00分(予定) 受付開始12時30分〜
場 所:高橋ビル地下2階(新宿区矢来町114)

かつて建築はその場所で手に入る材料を使い、その目的に沿った形で、その時代の技術を用いて作った。
やがて新たな形を作るために遠くから材料を運び、新しい技術を学び、大地の上に時代の「様式」を作りあげた。
近代建築運動は地上のどんな場所にでも共通の理念をもつ建築を目指し、大地の制約から飛翔した。
だが、大地に根ざした建築は息絶えたわけではなかった。
我々自身が内側の「自然性」に目覚めたとき、今もその建築がいかに様々な形で我々の必要に応えてくれてきたかがわかるだろう。
長谷川氏は昨年、建築家石井修の作品を通してこの問題にふれた。
今年の講義ではさらに内外の実例を通して深く掘り下げてくれるものと期待する。


長谷川 堯氏
建築評論家・武蔵野美術大学名誉教授