カリキュラムのうち年間2回程度「公開講座」として一般の方にも公開しています。

顧問・講師・研究生の交流、討議の場であり講演の後には自由な意見交換が行われます。
 
●第1期(1999年) 修了制作
●第2期(2000年) 修了制作
●第3期(2001年) 修了制作
●第4期(2002年) 修了制作
●第5期(2003年) 修了制作
●第6期(2004年) 修了制作
●第7期(2005年) 修了制作
●第8期(2006年) 修了制作
●第9期(2007年) 修了制作
●第10期(2008年) 修了制作
●第11期(2009年) 修了制作
●第12期(2010年) 修了制作
●第13期(2011年) 修了制作
●第14期(2012年) 修了制作
●第15期(2013年) 修了制作



国内外遠方の方にも建築塾の内容をお伝えするためのコースです。


建築塾塾長 鈴木喜一の
「大地の家」ブログ
>>鈴木喜一建築計画工房

神楽坂美術学校(建築塾・美術塾・写真塾)のfacebookページ



神楽坂建築塾
住 所: 東京都新宿区矢来町114
最寄駅: 東西線神楽坂駅 徒歩1分
電 話: 03-3269-1202
メール: ag@ayumi-g.com

           詳しく表示

アユミギャラリートップページへ

 
まちや建築の閉塞状況を突破するためには、新しいものをむやみに「つくる」だけでなく、歴史的なものを「残す」「活用する」ということを視野に入れて、21世紀に向けて幅広く建築を考えていくことが必要ではないでしょうか。
1999年春、こうしたことを念頭に「現代版寺子屋」をめざして、全国から建築家・建築愛好家・芸術家・学生・主婦ら幅広い人々の熱い思いを集めつつ神楽坂建築塾はスタートしました。

12月講座案内

12月13日(土)「モダニズムの多様な顔」(公開講座)
講 師:保坂陽一郎
場 所:アユミギャラリー高橋ビル地下2階 神楽坂教室(新宿区矢来町114)

 

12月14日(日)「東久留米の自由学園」 (FW)
講 師:宮井昭隆
場 所:自由学園南沢キャンバス
日 時:12月14日
 10:00〜12:30
 
  自由学園は1921年大正10年雑司ヶ谷上り屋敷(現在の豊島区西池袋自由学園明日館が校舎、設計はフランク.ロイド.ライトと遠藤新)に羽仁もと子.吉一により創立されました。その後生徒数が増え、昭和5年に初等部、9年に女子部が現在の地へ移転、10年には男子部が創設されました。ここ南沢キャンパス(東久留米市学園町)は敷地約10万平米3万坪です。幼児生活団(幼稚園)から最高学部(大学)までの生徒学生が生活しております。この地は4500年程前の縄文時代中期の集落跡で、30〜6cmの深さで多くの竪穴住居跡と土器片が出土いたします。女子部の校舎がある敷地北側は約10m程下がっており、小川が流れております。
南沢(土地の字名)キャンパスの建物の設計は遠藤新(1889〜1951)によって行われ、遠藤新没後は二男の遠藤楽(1927〜2003)が引き継ぎました。